てごねパンじゅんこ

好きなもの。泡ワイン、ワイン、お花、散歩、写真、もちろん、パンも。

記事一覧(10)

6月3日(土)は乾物カレーの日

ドライ&ピースさん発信の「乾物カレーの日」が今年からスタートします!6月3日(土)は乾物カレーの日{全国あちこちのお店で、乾物を使ったオリジナルのカレーを出していただき、その売り上げの一部を寄付として内モンゴルの緑化に役立てます。乾物カレーの日の目的は二つ1 乾物はカレーにも合うね、と認識してもらうことによる乾物という未来食の普及。2 私たちの「食べる」を「束ねる」ことができれば、より良い未来の社会に向けて働きかけることができるという事実を見える化することで、より多くの人の行動を促すこと}乾物ドライカレーパンプロジェクトに参加した時から、未来に向けて、地球を守ることができるのは、他の誰かではなく、自分ができるんだと、気づかせてもらっています。これを目にしたあなたも、乾物を通して未来の地球ことを考えるきっかけとなれば嬉しいです。せっかくの記念日ですので、自分も楽しめる企画を考えましたよ!乾物カレーの日 スペシャルレッスン6月3日乾物カレーの日スペシャルレッスンを企画しました乾物ドライカレーパンを2種類レッスン前菜とビオワイン飲み放題が付いたプラン今回はデモンストレーション形式で、皆さまの作業はありませんオープンキッチンのレストランに来たような、ライブ感覚でご試食いただけますもちろん作業に参加されても大丈夫!・美味しい焼きたてパンが食べたい方・パンとワインが大好きという方ぜひこの機会にご参加ください日時 2017年6月3日(土曜)11:00~15:00くらいまで参加費 5000円(事前振り込み)限定10名様場所 JR赤羽駅より徒歩7分 講師自宅の ため、お申込み後に詳細をお知らせします男性の方は女性同伴のみ可能お申込みはカンタン!てごねパン教室東京都北区赤羽マリヌスセカンドのホームページへ

パリからの音楽の風

カンタン!てごねパン教室 東京都赤羽 マリヌスセカンドのてごねパンじゅんこです。乾物ドライカレーパンを召し上がっていただく機会ができました! 2月10日に、六本木シンフォニーサロンで開催のコンサート、『パリからの音楽の風』 コンサートのコンセプトとして、美味しいワインやフィンガーフードで休憩時間を楽しんでいただけます。 演奏家は、パリ音楽院を卒業されて、パリで活躍されているアーティストで、ピアノはフランスと韓国のハーフのジャンミッシェル・キムさんという素敵なピアニストです。 ヴァイオリニンは、芸大からパリ音楽院に留学され、素晴らしく優秀なヴァイオリニスト對馬佳佑さんの素敵なコンサートです♫ 曲目も『春』という素敵な曲や迫力ある曲ばかりですし、本当に高いレベルのアーティストなので、聞き応えありますよ♫ 六本木シンフォニーサロンは、45名で満席になる小さなサロンです。 そこでワインに合うフィンガーフードとして、小さな乾物カレーパンなどを、今回わたくし、てごねパンじゅんこがお作りすることになりました。 ドキドキワクワクするお仕事がいただけて、うれしく思います。 私も楽しみに伺います!! コンサート会場でお会いしましょう

スペシャルコラボレッスンやります

次回の乾物ドライカレーパンのレッスンは、スペシャルコラボレッスンとなります。贅沢に2種類同時に学べます。講師によるデモが中心のレッスンとなります。成型はご参加いただきます。焼きたてをご試食いただけます。紅茶付き。①トロトロチーズがたまらない、揚げないヘルシーな、焼きカレーパンには、たかきびとほうれん草の乾物入り。講師 おのづか じゅんこ(カンタン!てごねパン教室 マリヌスセカンド主宰) ②初心者にぴったり!90分で出来るピタパンにカレーフマス(ひよこ豆のペーストと切干大根)の新食感!講師 おおきもと ようこ(Ys Tabel パン教室 クックパッドつきみ野教室 主宰)http://ameblo.jp/ys-table-lesson/場所 樹のソムリエスタジオ 東京都大田区北千束2-3-2レッスン費 (当日払い)6500円 (事前振り込み)5500円定員 10名日時 10月9日(日) 11:00~14:00持ち物 エプロン ハンドタオル乾物ドライカレーパン1つにつき10円をドライ&ピースさんに寄付し、内モンゴルの砂漠を緑化するための活動に役立てていただきます。http://www.dryandpeace.com/project/当日撮影した写真、ビデオをSNS等にアップされる場合は一言お声かけください。

イベント開催しました。

北千束にある、樹のソムリエスタジオさんは、キッチンも木の香りに包まれた、癒しの空間です。この壁の木の色は、天然の木の色で、種類によって色が異なり、触れてみると、肌質というか、あたたかさがそれぞれ違うのですって。まるで森林浴をしている気分になります。11時にスタート まずは自己紹介から和やかなムードのまま、デモンストレーション開始パンを作る工程を説明しながら、てごねをしていきます。 だんだんと黄色い生地が出来上がって、こねあがり。 発酵を待っているあいだに、カレーパンの中身を作ります。フライパン一つで次々に炒めていくだけ。ここで、乾物が登場します。「たかきび」と「乾燥ほうれん草」です。たかきびは、お米のように炊いてから使います。これが、まるでお肉に見えるのです!!途中経過の写真が撮れなくて、すみません。中身が出来上がると、いいタイミングで、仕込んでおいた生地が発酵終了。皆で具を包んでいきます。こういう時間が楽しいですね。さらに、デモンストレーションでこねた生地も発酵が終わり、こちらもひたすら包みます。皆さま、だんだんと包み方が上達されています。そしてお待ちかねの試食タイム。焼きたてのパンに感動しながら、召し上がっていただきました。ご参加の方の感想 O様「とても楽しい時間でした。ランチも美味しくて、お土産までも盛りだくさんで、順子さん(私ね)の想いを沢山頂きながら帰宅しました。乾物カレーパンは、優しい味と食感がほっくりしてとても好きです。今までパンは作ろうともしなかった私が初めて作りたいと思った記念すべきパンです。」A様「(乾物が)未知の世界だったけど、チャレンジしてみます!」とてもうれしいお言葉をいただいて、何より乾物の魅力を存分に味わっていただけて、ほっとしました。樹のソムリエスタジオさんでの乾物ドライカレーパンレッスン次回は10月の予定です!

乾物ドライカレーパンプロジェクト